トップ

漆芸しばたぬりもの・やきものクリニック気になる修理Q&A
 漆芸しばたは、伝統工芸青山スクエア(旧全国伝統的工芸品センター)にて 漆器・陶磁器の無料相談・修理を40年以上にわたり行っています。

お知らせ

漆芸しばたをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
漆芸しばたは、来る2024年4月19日に新店舗を開店いたします。
場所はこれまでと同じトーシン信濃町駅前ビル3階フロアです。
2023年4月19日に病気療養中の社長は亡くなりましたが、当社は社長の大切にしていた、伝統工芸青山スクエアにおける「ぬりもの・やきものクリニック」をその後も続けてまいりました。
そして、お客様の暖かい声援に励まされ、新店舗開店に至りました。深く感謝申し上げます。
40年にわたり伝統工芸青山スクエアにおいて続けてまいりました「ぬりもの・やきものクリニック」は新店舗でも承ります。また、箸や椀、漆額、箱、家具など漆の品々を、使い方や手入れの方法などもお伝えしながら、ご紹介してまいります。新店舗のキャラクター「およねさん」とともに和くらしを盛り上げたいと思っております。
 木々の緑が次第に濃くなり、気持ちよくお散歩を楽しめる季節になりました。  およねは「背中が丸いよ!」と家族に注意されました。理想的な姿勢とは、壁を背に、かかとを5センチほど離して立ち、壁と腰の間に手のひら1枚分ほどの隙間が空き、尻と背中が壁につき、あごは引け、頭は後ろに指1本ほどの隙間がある状態で、全身の筋肉のバランスがとれている形だそうです。  理想的な姿勢でシャキッと歩みをすすめ、お散歩のついでに落ち着いた漆の作品を眺めにいらっしゃいませんか?信濃町でお待ちしております。

トピックス

 本年1月1日の能登の地震に際しましては、早速ご丁寧なお見舞いをいただき心より御礼申し上げます。おかげさまで、輪島の職人は全員無事で、クリニックのお預かり品も無事に保管できております。
工房と住居を失い、漆の仕事は止まりましたが、作業再開へ向けて少しずつ環境を整え、歩みを進めております。修理品のお預かりは承っておりますので、お問い合わせください。
修理サービス一覧
商品一覧
◇ どういうキズが治せるの?
◇ 修理期間はどれくらい?
◇ 陶磁器で修理の出来ないキズはありますか?
◇ 木製食器でも修理してもらえる?
◇ 美術品や骨董品でも大丈夫?

漆器再生プロジェクトにご賛同頂けましたら、ご利用のSNSボタンを押して頂けると幸いです。